日常に美しくさす光の色。

アクリルのさし色。

sashiiro

メモをはりつけていくように、いろいろのアクリルの破片をピンとともにおしつぶす。
光さす美しいピンができた。
服に、部屋に、生活の中に光の色がさす。
アクリルブランドmass itemのためのデザイン。

sashiiro

小さくてキレイで身につけられる。
それだけで満足しそう。
ホントのホントのさし色。

sashiiro   mass item オンラインストアー

チームをくんだ若い職人やスタッフとの試行錯誤のうえ、重なる3色のアクリルが生み出す色は、アクリルの色そのもの。3色の重なり方はひとつひとつ異なり、「美しさをコントロールしながらも、色もかたちも同じものは二つとできない」のが特色です。

空気の色を胸もとに。吉行良平さんの「sashiiro」 – デザイン・ジャーナル COLUMN by 川上典李子 – フィガロジャポンオフィシャルサイト madameFIGARO.jp

何か足りない…。
そう思ったら、それはsashiiroだったかもしれないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • BOTTLE BOTANIST3

  • 4

  • 5

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート3

  • BOTTLE BOTANIST4

  • 5

  • Couple DICE6

  • 7

  • 8

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)9

  • 富士山グラス10

  • RIBBONESIA11

  • Soup Stock Tokyoのスープの作り方212

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗13

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 3

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート4

  • RIBBONESIA5

  • BOTTLE BOTANIST6

  • 7

  • Couple DICE8

  • 富士山グラス9

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗10

  • 11

  • 12

  • 新幹線YEAR2012 JR東日本13

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)14