80mmの湯のみ

80mm Logo

ほんのりとあたたかさを感じる

熱いものをいれたら熱いのが普通だけれど、
これは熱さがほんのり。

ちょっと大ぶりな円筒型で、はじめはちょっとふしぎで
両手で持っていたのだけれども、
慣れてくると片手で持って飲むようになりました。

二重構造のため持っても熱くない。
それがこの「80mm」の一番の特徴。

ただ、持っても熱くないけれど、
中はやっぱり熱いのでちょっと油断してしまうときも
あるかもしれない。
気をつけないといけないこともある。それは学ばないと。

80mm Logo

茶渋をとる必要がない

ずっと使っていて、すごいと思ったのは、
茶渋が本当につかない。

コーヒーもお茶もたくさん飲んでいるのだけれど、
ほんと買ったときのまま真っ白なのです。
この形がその機能を作ってくれたのでしょうか。

他のマグカップなどは本当に茶渋がついて
それを落とすのに漂白したり、塩で磨いたり…と
結構気になるものだけれど。

手間がかからず、ずっと使い続けることができる。
本当に素晴らしいな、と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • BOTTLE BOTANIST3

  • 4

  • 5

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート3

  • BOTTLE BOTANIST4

  • 5

  • Couple DICE6

  • 7

  • 8

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)9

  • 富士山グラス10

  • RIBBONESIA11

  • Soup Stock Tokyoのスープの作り方212

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗13

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 3

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート4

  • RIBBONESIA5

  • BOTTLE BOTANIST6

  • 7

  • Couple DICE8

  • 富士山グラス9

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗10

  • 11

  • 12

  • 新幹線YEAR2012 JR東日本13

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)14