イキイキと緑を。

緑を感じること。

外に出ないとなーと思いながらも
観葉植物もどうかな、と思っていたら
水耕栽培セットをみつけた。

水やりを忘れても大丈夫ということが、
無精な人にもできる植物との付き合いができるわけです。

ハーブやスパイスなんかも育てたりできるわけで、
料理にも役立ったりするわけですね。

白いポットはちょっとあれだけど、
それなりにコンパクト。

中身は水だけなので、水を抜けば軽いわけです。
この水耕栽培というのは、NASAの宇宙ステーションや、
寒暖の厳しい環境での植物の栽培に使われているらしく、
無精で植物を枯らしてしまうような人にも
それなりに育てることができそう。生き生きと。

土がなくて、水のみだから清潔さが
保たれるんではないのかな、と。

水と液体肥料でのびのびと植物が育っていったら
部屋もちょっと生きてる感じがしてくるんではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • bookface(ブックフェイス)+++装丁と本のセレクトサイト1

  • デザイン物産20141

  • さくらのクリップ2

  • 3

  • 4

  • 四季のクラッカー5

  • 壱鋳堂 ティーポット6

  • bookface(ブックフェイス)+++装丁と本のセレクトサイト7

  • Soup Stock Tokyoのスープの作り方28

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 1

  • デザイン物産20142

  • RIBBONESIA3

  • 日本一かるた4

  • 歌舞伎フェイスパック5

  • 四季のクラッカー6

  • 壱鋳堂 ティーポット7

  • bookface(ブックフェイス)+++装丁と本のセレクトサイト8

  • 8 04 d47 MUSEUM D DEPARTMENT PROJECT 47 GOOD DESIGN9

  • さくらのクリップ10

  • 11

  • do-nabe12

  • 13

  • 富士山グラス14