その壁をひっそりとさせる

壁をひっそりとさせるには。

画鋲を壁に刺すたびに、
「ごめんなさい」と何度思ったことか、
それぐらい忍びないのです。
画鋲を壁に刺すことは。

神は細部に宿る、というけれど
細かいところほど気になるものです。
ちょっとした汚れ、傷なんか気になり出すと
とまらないのです。

先っぽがL字

針の断面がL字型なので、
刺した跡がわかりづらい。

丸形よりは断然わかりづらい。
近くで見ないと気付かない。

ただ、あれです。ピンを刺した状態で
まわすと酷いことになる。それだけ。

壁は一面どうにかしたいけれど、
何もできなかったのですが。
これで何とかしてあげられそうな気がする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

  • 歌舞伎フェイスパック2

  • 3

  • BRUTUS4

  • 123人の家5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • BOTTLE BOTANIST1

  • SINGLy、2013年アクセスの多かったモノ2

  • 3

  • HAPPY NUTS DAY4

  • 特別展「チョコレート展」5

  • 6

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート7

  • 8

  • 9

  • RIBBONESIA10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • RIBBONESIA1

  • 2

  • SINGLy、2013年アクセスの多かったモノ3

  • 歌舞伎フェイスパック4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • BRUTUS13

  • Lucano14