まるい雰囲気

CUTIPOL

食器なんてそうそうダメにならない。
今使っている食器もひとり暮らしを
始めて以来ずっと使っているものだ。

新しいモノを購入するときもあるけれど、
どうも捨てられないのが食器だ。
実家から持ってきた食器なので、
捨てづらいというのもあるわけで。

食をすすめる道具

それでも、食器は自分で選びたい。
自分で作った料理を盛る皿、
それを食べるためのカトラリーなど、
好きなものならあんまり見た目がよくない料理だって、
なんとなくそれっぽく見えるものだ。

食事は毎日行うわけで、
ひとりで食べるならなおさら食事というよりも、
生きるために食べているという感覚がするのだ。

食事は楽しむ。
これを大事にしたいと思うからこそ、
自分で選んだ好きなもので食事を
ちょっと意識してみたいと思う。

特徴的なカトラリー

このクチポールというブランドの、
スプーンは特徴的だ。
丸い形がとても印象的で、
頭から離れなかったのです。
テーブルに置いたときの姿が、
とても微笑ましかった。

ただ、食べるためだけれど、
ちゃんと食事という雰囲気を
作ってくれるような気がする。

料理の隣にクチポールを並べてみて、
ああ、これは食事だ!と感じるのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 歌舞伎フェイスパック1

  • 日本一かるた2

  • 3

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 歌舞伎フェイスパック3

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート4

  • 日本一かるた5

  • BOTTLE BOTANIST6

  • 7

  • 8

  • 9

  • Couple DICE10

  • 11

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)12

  • 富士山グラス13

  • RIBBONESIA14

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 3

  • 歌舞伎フェイスパック4

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート5

  • 日本一かるた6

  • RIBBONESIA7

  • BOTTLE BOTANIST8

  • 9

  • 10

  • 11

  • Couple DICE12

  • 富士山グラス13

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗14