立てかける収納

DUENDE WALL SERIES

壁に立てかける収納

ワンルームだと部屋にモノを
あまり置きたくないわけです。

モノを置くことによる圧迫感に
ちょっと耐えられない。
モノの配置をどんどん変えて考えていくと、
広く感じる配置というのが必ずあります。

しかし、やっぱり極力部屋の中にモノを
置かないこと、収納すること。

モノがあればそれだけ狭くなるのは、当たり前です。

このDUENDEのWALLシリーズは、
そんな中で省スペースで収納スペースを
簡単に増やせるのが魅力的です。

賃貸で壁に傷をつけてラックを
つけることができない、やれない環境下で、
壁に立てかけるだけというのは
とても活かした発想だと思う。

スチールパイプを壁に立てかけてそこに収納する。

DUENDE WALL 02 HANGER

奥行きが40cm。雑誌を2冊分ぐらいだ。
これなら許せる範囲じゃないかな、と。

スチールパイプで構成されているので、
通りがよい。
見た目もすっきりしているので、
置いたことによる圧迫感も少なくてすむわけだ。

快適空間。
もうちょっと右へ、左へずらしたいなーと思うときも、
簡単に移動できる。

僕は頻繁に模様替えをしてしまうので、
そういうときには楽だ。

収納できなければ、モノを選別してみる。

DUENDE WALL 01 RACK

一般的なラックなどよりはやっぱり収納力で劣ると思う。
けれど、その分自身でモノを選別するべきだと思う。
嫌でもたまるモノを常に選び出していかないとな、と。
意外と生活している収納スペース以上のモノは
ためこまない方が精神衛生上もよい気がするのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 歌舞伎フェイスパック1

  • 日本一かるた2

  • 3

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 歌舞伎フェイスパック3

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート4

  • 日本一かるた5

  • BOTTLE BOTANIST6

  • 7

  • 8

  • 9

  • Couple DICE10

  • 11

  • 500円フォトブックTOLOT(トロット)12

  • 富士山グラス13

  • RIBBONESIA14

  • fashionista表紙1

  • Tissue Case Musha Musha2

  • 3

  • 歌舞伎フェイスパック4

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート5

  • 日本一かるた6

  • RIBBONESIA7

  • BOTTLE BOTANIST8

  • 9

  • 10

  • 11

  • Couple DICE12

  • 富士山グラス13

  • 池田修三 木版画集 センチメンタルの青い旗14