読書に珈琲

下北沢のミケネコ舎が移転した。
入っていた露崎商店が老朽化のため
取り壊されたためである。

昭和12年からのレトロな雰囲気が
なくなってしまったのは残念ではあるが。

COFFEA EXLIBRIS

白く柔らかな空間でいただくコーヒー

非常に落ち着いた空間であり、
珈琲の香りがものすごいよい。
その上、口当たりがよい珈琲が飲めるのです。

だいたい、産地によって方向性が
違う味なのだけれど、
どれもこれもが飲みやすいと思う。

いわゆる缶コーヒーは、
コーヒーではないのである。
コーヒーが苦手、そんな人だって
飲めちゃうのが不思議。

スペシャルティーコーヒー

長野・軽井沢の珈琲店、
丸山珈琲で焙煎した豆で
スペシャルティーコーヒーをいれてくれる。

丸山珈琲と同様にコーヒープレスでだ。
コーヒープレスで抽出した独特の風味。

丸山珈琲の名前は、よく雑誌で見かける。
よい豆を丸山さんが買い付け、焙煎している。

カッパー、ワインでいうところのソムリエ、
そして、国際審査員もやってらっしゃる丸山さんが
買い付け焙煎した豆はなんだかとても不思議な気がする。

はじめて豆を購入して、
実際に珈琲をいれたときは
感動してしまったのです。

それまでは、特段気にしなかったものの
やっぱり豆は生もの、生きているわけで
新鮮なもの、というか焙煎したて、
挽きたてがよいな、と思った。

お湯を注いで、粉がこんなにも
ふくらむのか。
個人的な感動から好きになってしまった。

落ち着きある空間はひとりで

小さなお店ではあるものの、
席数を少なくして席間はわりと広めである。

家具などは古めかしいものの
どこか味わいのある暖かい感じで、
非常に落ち着くのである。

友達と連れ立ってくるというよりは、
ひとりでゆっくり落ち着き、
香り高く味わいのあるコーヒーを飲みながら
読書を1時間ぐらいする、
そんな過ごし方をするのが
僕にとっては正しい気がした。

ただ、友達にもここのコーヒーを飲ませたい。
そう思ったから、今日は帰りにコーヒー豆を
友達の分まで買って帰ってきた。

挽きたての豆からとてもよい香りがした。

COFFEA EXLIBRIS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

  • Pivot Power2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • LEDあんどんOLIGHT8

  • 芝リボン hokuro9

  • BRUTUS 2012年11/1号10

  • いろんな土地のまきもの D DEPARTMENT11

  • TOTONOE12

  • A Film About Coffee13

  • 1

  • 2

  • BRUTUS 2012年11/1号3

  • LIFECYCLING -IDEE-4

  • Pivot Power5

  • do-nabe6

  • katamaku7

  • 8

  • 9

  • 野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。6

  • STALOGY – Stationery Standard Technology エディターズシリーズ 365デイズノート7

  • 8

  • デザイン物産20149

  • 日本一かるた10

  • BOTTLE BOTANIST11

  • 12

  • interviewers13

  • RIBBONESIA14